スポーツ障害・外傷について

Sports Injury

  • HOME>
  • スポーツ障害・外傷について

スポーツ障害・外傷について

スポーツ障害・外傷とは

スポーツ障害

スポーツ中の運動によって過度な負担が繰り返されることで特定の部位に疲労が蓄積し、その部位が徐々に損傷して慢性的な痛みを生じる疾患です。 オーバーユース(使い過ぎ)症候群とも呼ばれ、いわゆる野球肩・野球肘などと呼ばれる障害もその1つです。 初期は運動中に軽い痛みや違和感を覚える程度ですが、適切なケアをしないままでスポーツを続けると慢性化し、思うようなプレーができなくなります。さらに酷くなると日常生活にも支障をきたしかねません。 早期のうちに適切な治療を受けることが大切です。

スポーツ外傷

スポーツのプレー中に転倒した、他のプレーヤーとぶつかったなど、一時的に大きな外力を受けて組織が損傷した状態です。例えば骨折や脱臼、靭帯損傷などのケガが挙げられます。

スポーツ障害・外傷の症状例

 

スポーツ障害
慢性的なスポーツ障害はオーバーユース(使い過ぎ)症候群とも言われます。運動により疲れた組織を十分に治療しないために起こるケースと、特定の部位を使い続けたために起こるケースがあります。症状例:野球肩や野球肘、分離症、テニス肘、ゴルフ肘、ジャンパー膝、足首の捻挫、半月板損傷、椎間板ヘルニアなど
スポーツ外傷
スポーツ中に起こる、一度の大きな衝撃で力が加わって発生する急性のケガを指します。症状例:骨折、靭帯損傷、筋肉内血腫、脱臼、腱断裂など

web予約

採用情報

TEL

06-6492-3376

TEL

ACCESS

アクセス